できる範囲で、ライター業とかあさん業をやってる。
そんな、慌ただしい主婦ライターの日常。
あの漫画のタイトルに似てるって…?それは気のせいではありません。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 最近買ったもの | main | ドタキャンに救われる。 >>
サッちゃんの明日
今日のお昼、大人計画公演「サッちゃんの明日」@北九州芸術劇場
観てきました。

チラシ

大人計画の主宰といえば、八幡西区出身の松尾スズキ!
わたくし、松尾ちゃんの大ファンなので
北九州で大人計画の公演があると知ったときは、狂喜乱舞でございました。

松尾スズキといえば、平成11年に北九州市民文化賞を受賞したものの
あまり北九州とは縁がなく
2000年に、今はなき小倉市民会館で
板尾創路主演「王将」という舞台をしたっきり。
噂によれば、大人計画の社長が長距離移動が嫌だから
九州で公演したくない、と言ってたらしいので
こっちでは見ることないんだろうな…と諦めてたのに!!
(昔、西鉄ホールで「マシーン日記」見た気がするけど。あれ何年前だろう)

それが北九州で3日間公演。
チケットはあっと今にソールドアウトだったし
今回は東京・大阪・北九州でしかやらないので、
かなり他県からも参戦してた模様。
公演後、出待ちがいたもんなぁ。


私も今週は子どもの体調不良が続き、
最悪キャンセルなんてコトにならないよね…!?とハラハラしたものの、
なんとか開演ブザーを聞くことができました。

待ち焦がれた大人計画の舞台。
内容と言えば……期待を裏切らず、身もよだつほどダークネス(笑)
覚せい剤、不倫、痴呆、障害者差別、殺人と、
世の中のタブーがてんこ盛り。
これでもかとたたみかける重いエピソードに絡ませてくる
シュールで練られた笑いが、これまた際立って面白くて。

大人計画独特の世界観を、たっぷりと堪能しました。

さっちゃんの明日
※一段目の一番右、すてきなパンチのオヤジが松尾スズキです。

宮藤官九郎 猫背椿 皆川猿時…今やTVや各方面で活躍してる
スター選手ぞろいとなった劇団員の演技を生で見られたのも、良かった。
松尾ちゃんも老体に鞭うっていい動きしてたし。
サッちゃん役だった、鈴木蘭々の歌のうまさも印象的でした。

今書きながら思ったけど、8月に観た「劇団 本谷有希子」の「来来来来来」も
大人計画のテイストだったなぁ…。
人間のドロドロしたところを、あけすけに大げさにしっかりと伝えてくるところ。
(今ググったら、彼女は元・松尾チルドレンだったのね)

観た後に、なんとなくもやもやと後味の悪い気持ちになりつつ
随所で心に響いたセリフを咀嚼しながら、
数々の笑いを思い出し、また一人ほくそ笑む。
時間がたてばたつほど「おもしろい」と思わせてくれる大人計画。
大好きです。

また新作ができたら、北九州に来てくれるかな。
それもこれも、立派な劇場ができて、
敏腕プロデューサーが公演を引っ張ってきてくれたおかげ。
北九州芸術劇場、ほんと「幸せ最高ありがとうマジで!」(by本谷有希子)







スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://writermama.jugem.jp/trackback/7
TRACKBACK