できる範囲で、ライター業とかあさん業をやってる。
そんな、慌ただしい主婦ライターの日常。
あの漫画のタイトルに似てるって…?それは気のせいではありません。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 同郷の二人 | main | あぁ、親子。 >>
大人の遠足
夏のようなGWが終わりましたね。

冬休みの時もぼやいた気がしますが
長い休みになると、一気に自由時間が減るので
休みの方がどっと疲れてしまい…。
なんともいえない疲労感にさいなまれています。

どんだけ疲れてるかっていうと
髪につけたリンスを流し忘れ、
そのままボケ〜ッとドライヤーで髪を乾かし
何の疑いもなくべたべたヘアーを完成させるくらい。
(その後、気づいて叫んで洗面所へ。
長女から放たれた「忘れすぎやろ」という言葉が切なく背中に突き刺さりました)

このままじゃいかんぜよ。

そこで、人生の先輩から声をかけて頂いた
「大人の遠足」なるものに初参戦してきました。

行き先は山口県の福江という場所の、庵かくれんぼというお店。
3年前まで北九州市の門司港の山の中で
20年以上食事処を営んでいた、あの有名店が移転した場所へ。

わかっているのは、そのくらいの情報と
小倉駅に11:45分に集合せよ、ということだけ。

お互いあまり面識のない大人が9名集まり
下関で山陰線に乗換え、さらに電車に揺られ、ついた福江駅。

福江駅2無人駅でした。

そして目の前には、日本海がドーン。
駅前風景2

なんだかとっても「世界の車窓から」みたいな雰囲気になってきて
ここは海外か!?というような非日常の風景にテンションがじわじわ上昇。
お店のおかみさんが車で迎えに来てくれ、駅から5分ほどでお店に到着。
店の外観2
店の看板2

新緑がまぶしい山にいだかれた一軒家にて、
門司港と同じスタイルで営業を続けている「庵かくれんぼ」。
インテリアはアジア、和風、いろんなテイストがごちゃまぜに混在してて個性的なんだけど、不思議と落ち着く素敵空間。
店内1−2
店内2−2

そんな「庵かくれんぼ」に集まったのは
昨日会社を辞めた人、公務員、新聞記者、くもんの先生、県の偉い人、建築家、コピーライター、そしてライター。
最年少の私以外は、たぶん仕事で会ったら気が引けてまともに話せないほど地位の高い人が多かったけど
誰一人偉ぶらないし、みんなざっくばらん。
“名刺交換したい”という目的じゃなくて、
“自分がリフレッシュするために参加した”からとっても居心地がよかった。
大阪からわざわざ参加してる人もいたしね!恐るべし「大人の遠足」。

ただひとつ、難を挙げるとすれば
料理の量がはんぱなかった。
「かあさん、一番若いんだからがんがん食べろ!」と猛烈に勧められ
ひーひー言いながら食べました。
料理2
刺身

おかみさんの料理はどれも素朴だけど、滋味深い田舎料理。
刺身に関しては、全て目の前の海で獲れたものを、漁師さんから直接買い付けたもの。
ビチビチで、めっちゃおいしかった
(刺身でお腹いっぱいになったけど、その後もどんどん出てくるおかみさんの料理…この店ではタッパが必需品)

おいしい料理を食べながら、飲み、しゃべる。
久々に「豊かな時間」を過ごした気がしました。

さ、黄色の電車に乗って、また我が家へ戻ります。
黄色電車2
「お母さん、いい加減に衣替えして!」と長女から怒られているので、やんないとね。
スポンサーサイト
すみません!すっかりブログを放置していたので
コメントに気づきませんで…。
フリーとなった今、縛られることなく
時間を有効に使えるようになったのでは?
これからは、思い立ったが吉日ですね♪
かあさん | 2010/06/07 11:51
いいなぁ。
オイラも遠くへ行きたい。
海か…悪くないな。
顔出しNG | 2010/05/10 00:18
COMMENT









Trackback URL
http://writermama.jugem.jp/trackback/18
TRACKBACK