できる範囲で、ライター業とかあさん業をやってる。
そんな、慌ただしい主婦ライターの日常。
あの漫画のタイトルに似てるって…?それは気のせいではありません。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 新年のご挨拶 | main | 炭火焼き牡蠣に大興奮! >>
スタジオで発見したもの
仕事の打ち合わせを兼ねて、
北九州で活躍している女性カメラマンOさんのスタジオへ
お邪魔してきました。

大森さんスタジオ

とっても広々とした事務所兼スタジオは、
Oさんのセンスが反映されたオシャレ〜な空間。
いつも思いますが、カメラマンさんはカメラやスタジオなど、
フリーで活動するにあたって先行投資の額がとっても大きいですね。


かたや私たちライターといえば、パソコンとノート、鉛筆さえあれば
どこでも仕事ができます。
「ライターしてます」って名刺を出せば、
誰でもすぐに「ライター」ですよ。本当に。


仕事で文章を書くとき、常々、自分の色を消して書くことが多いのですが
これからも「ライター」として生き残っていくには
「自分らしさ」=「強み」みたいなものを確立しないといけないんだろうなぁ…。


なんて、いつもなら考えもしないようなことを思っちゃうのは
Oさんの仕事ぶりがスバラシイからでしょうね。
同じ女性として、ほんと憧れます。


そんな広々としたスタジオで、見つけたものたち。


↓正月気分を感じさせてくれる、お花。

大森さん花


↓昆虫の標本。

昆虫2


仕事の話はもちろんですが、それ以外にダイエット話、
共通の友人の話などしてたら2時間近くも居座ってました。
北九州のカメラマンといえば、男性が多いのですが
中でも個性的な写真で異彩を放つOさん。


男前な仕事ぶりとは裏腹に、とても可愛いお姉さまです。
手作りパンナコッタも美味しかったです。
ごちそうさまでした!
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://writermama.jugem.jp/trackback/11
TRACKBACK