できる範囲で、ライター業とかあさん業をやってる。
そんな、慌ただしい主婦ライターの日常。
あの漫画のタイトルに似てるって…?それは気のせいではありません。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

文明開化
ご、ご無沙汰してます…。

前回の記事を見たら年末だったので、
3か月ほど放置したことに。

先日、仕事でお世話になった方から転居のお知らせが届き
手書きで一筆「ブログ楽しみにしています」と書かれていて
あせりました。

放置の理由はずぼらな性格が最大の原因ですが
言いたいことを、ツイッターでつぶやき始めたことも理由の一つ。

ブームになった当初に軽くいじってみたものの
全く使い方や面白さが分からず、興味が湧かなかったのですが
携帯をiphoneに変えてからは
すごーくツイッターが利用しやすくなりました。

好きな人たちがつぶやいていることも判明したので、
彼らをフォローしておけば、自分のホーム上でつぶやきが溢れてきます。
自分でつぶやくにも、メール感覚でさくっと打てるし、
141文字以内という文字制限があるおかげで、長文ぎみな私には
トレーニングにもなるし。
ブログより気構えなくて書けるのが魅力です。

ツイッター以外にも、
常にfacebookで進捗情報を報告しなくちゃいけない案件があって
必要に迫られてアカウントを取得しました。
これまた仕事上、必要に迫られてgoogleのアカウントも取得。
どんどん未知の世界へ足を踏み入れている感じです。

特に、googleのドキュメント機能や、Dropboxの便利の良さには
携帯を持ったときくらいの衝撃を受けました。
仲間と共有したいエクセルやPDFといった
データをシェアするのにかなり便利。
仕事の効率もかなり上がり、今まで使ってなかったことが悔やまれます。
ただ、Dropboxは全部英語なのがネック。
でも、なんとなく触ってたらなんとなく使えるもんですねぇ。

つい先日は、ノートパソコンが急にフリーズしたけれど
googleドキュメントに必要なデータを入れていたので救われました。
これがクラウド化っつーやつでしょうか。
ありがたみを身を持って実感した次第。

さもすれば、すべてがモニター上や携帯で完結してしまい
誰とも話さず、仕事が進んでしまうときもありますが
facebookやDropboxを仕事に導入した、
ハイテクなクライアントYさんが
時々「さっきfacebookにも書き込んだんですけど、
電話の方が早いかなーと思って…」と
電話をくれると、やっぱりアナログな手法も捨てたもんじゃないと
ほっとしますが。

もう、これってみんなの常識なんでしょうか。
わたくしの文明開化は始まったばかりです。


http://twitter.com/#!/yoppest



おしゃれインテリアと、豊前一粒かき
今年の夏、仲間の紹介で「天然生活」というライフスタイル誌の
別冊取材のお手伝いをさせてもらいました。

簡単にいえば、
全国14件の、インテリアにこだわったお宅を紹介するという内容。
そのうち、福岡県の素敵ハウス3軒のうち、
2軒の紹介記事を担当させてもらいました。

最初は「インテリアの話を聞けばいい」と軽く考えていた私に
この1冊を丸ごと1人で請け負っている、東京のライターOさんは
「よくあるインテリア雑誌ではありません。
家に住まう人の生き方、大事にしていることを
記事にしてください」と言われ、あわてて方向転換。

実際の原稿書きでも
「上手にまとめることならだれでもできる。あなたにしか書けない自分の言葉で書いてください」とアドバイスを受け、
パソコンの前で固まってしまうこと数日…。
Oさんに手助けしてもらいながら、何とか原稿を納品したのが10月。
12月15日、「暮らしのまんなかか」らはじめるインテリアvol.15」が
発売されました。



今回の仕事でわかったのは、

氾濫する雑誌・書籍の中で
いかに自分のカラーを出し、
自分にしか書けない文章を紡がないと生き残れない。
東京で活躍するプロの気概と

インテリア雑誌に載るようなお宅は
厳しいルールを設け、それを実践しているということ。
「インテリアが好きだから」だけでは、あのクオリティは維持できない。
一種、目的を達成・維持するためには妥協を許さない
職人のようなストイックさがそこにあるってこと。

本当にいい経験になりました。

ちなみに、東京のライター0さんは、とても仕事のできる人で
私が担当した以外の、全国12軒を1人で取材・執筆しながら
自著の制作や他雑誌の取材、
朝日新聞のサイトで毎週執筆しているコラムも
同時進行していたそう。
どうやったらそんなスケジュールで動けるのか…
ときどき、その凄まじさにこちらもドキドキしました。
0さんのHP、とても面白いですよ(朝日のコラムも読めます)→こちら

福岡市の陶芸家の自宅兼ギャラリー

一目ぼれした湯のみ

取材後にふるまわれた料理。インテリアが好きな人には料理上手な人が多いらしい


わかったといえば、最近「豊前一粒かき」についても取材したんですが、
「豊前一粒かき」って福岡県の8割を北九州が生産していて、
市内8割を、門司の恒見漁港が水揚げしてるって事実に驚き。
もはや北九州名物と言ってもいいレベルです。



豊前というネーミングから、行橋とか苅田方面が産地かと思いきや
福岡でのかき養殖は北九州が発祥の地だそう。
ここから、糸島や豊前の方にも技術を伝承したんだそうな。

豊前一粒かきのおじさんたちは誇り高く、
かきが本当に大きく、美味しくなる1月までは
「かき小屋」オープンも我慢するこだわりよう。
全国展開する「オイスターバー」が恒見のかきを指名買いしているなど
地元の人が知らないって、罪だよねと思った次第。

北九州では去年から新たに2つのカキ小屋が増え
1月8日の「かき小屋解禁日」が待ち遠しいばかり。

2011年の最初の楽しみは、炭火焼でジュウジュウ焼く「豊前一粒かき」に決定です。

流行語大賞
12月1日、流行語大賞が発表されました。
何かの番組でテリー伊藤が
「でも、言葉じゃないものもあるよね(固有名詞)」と言っていて
激しく共感したんですが
家族で「うちの流行語大賞は何かね〜?」と盛り上がったので
記録も兼ねて、ブログにてお披露目。

★1位「ごめんなさい、にこにこして」(発言者:二女)

二女は可愛いばかりで、今まであまり怒ったことがない気がするけど
3歳になってからは、それなりに悪さをするようになったため
ちょっと注意したり、怒る(といっても軽く)機会も増えた。
すると、どんなに優しく注意しても、
「注意された」事実そのものが不服らしく
半泣き状態になり、上記発言を連発する。
ちなみに、保育所で撮影してもらった家族写真を勝手にリビングに張り、
笑顔の私を指さしながら言うので、そうなるともう怒れない…。策士だ。

★2位「もうちょっと待って」(発言者:長女)

漫画を読んでるか、TVを見てるか、お絵かきしてるか、本を読んでるか。
他にするべきことがあっても、上記のいずれか、好きなことをして過ごしている長女。
時間の上手な配分がまだできないので仕方ないけど、
毎朝遅刻ギリギリで飛び出していく様を見ると、
「てめぇの馬鹿さ加減にはなぁ、母ちゃん情けなくて涙が出てくらぁ」(暴れはっちゃく風に)

「宿題やった?」「ピアノの練習は?」「歯を磨きなさい」「時間割した?」
矢継ぎ早に"やるべきこと”を口にする母に対し、必ず上記の一言を発し、
やがて「ちょっと」じゃなくなった待ち時間が母の怒りに触れ、怒られる日々の繰り返し。
ピアノの先生にも「真生ちゃんは、とっても前向きです」と
怒ってもすぐにケロリと立ち直ってしまう、
素晴らしい性格を褒めて頂いたが、
どうやったら自主的にやらせることができるのか…。
母に愚痴ると「あんたも同じやった」と即答。じゃー、仕方ない。

★3位「和佳も!」(発言者:二女)

全てにおいて、姉と同じ行動、姉と同じ所有物を欲する
二女ならではの言葉。
最近では姉が好きだからという理由で、リラックマを欲しがる。
でも本当は、あんぱんまんやキティちゃんを卒業しきれてない、
背伸びしたガールな3歳児。


夫と自分の流行語的発言は、社会的信用を落としかねないので
控えておこう。





痛恨。
最近、長〜い文章、
しかも自分の視点を生かし、
オリジナリティを求められる文章を書く機会に多く恵まれたため
頭が疲弊していた今日この頃。

ほんっとに、そういう仕事を最近はしてなかったんだなと痛感。
何事も慣れてしまうと、楽な方向に行きがちですね。

そんなとき、広告代理店から
「70分の講演をリライトするお仕事の見積もり」をお願いされた。

自分の言葉を生み出さなくていいうえ、
講演のテープ起こしはすでに業者さんがやっているとのこと。
「それなら、簡単じゃん!」と安請け合い。
私の言った値段に、相手は「是非お願いします!!!」と大喜び。

あれ?そんなあたしの言い値が安かった???と困惑してたら
数日後、データが送られてきて、ようやく相手の喜びぶりに納得。
講演のテープ起こしデータ、ワード25ページ分も…。
しかも内容が「低炭素化社会にむけて〜なんちゃらかんちゃら」
…む、難しすぎる

半日仕事で終わらせるつもりが…どのくらいかかるんだろう0口0

時給換算したときに、カップラーメンくらいは買えるよう
こうして現実逃避なんかせず、今からさっさととりかかります泣

★おしらせ★

北九州〜東京を就航する「スターフライヤー」の機内誌に
「門司港」の記事を書かせてもらいました。
機内誌は11月1日から12月15日まで、座席ポケットに搭載されているそうです。


飛行機に乗る機会のある方は、是非手にとってみてくださいませ★
スタフラ機内誌


屈折した愛
うつしえ(トレーシングペーパー)を取り出し
お絵かきを始めた長女(小2)。

しばらくすると
「お母さん、見てハート」というので
見に行くと…







最近、学校で「嵐」が流行ってることもアリ、
長女もにわかに「嵐」ファンになってたことは知ってたけど。
これがあなたなりの愛情表現なのね。

…おかあさんは、こういう絵、大好きだけれども。
こりゃ、永久保存版として、額に飾らにゃいかんな。

ちなみに、娘が写した、愛する嵐のポスターはこちら。



嵐ファンの人が見てたら、ごめんなさい。
女優になった、あの日の思い出
おとといくらい?TVのニュースで
いろんな交番にお金を借りまくって、
詐欺容疑で逮捕されたおじさんの話を見て
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20100923-OHT1T00022.htm

思わず、私の頭に5年前の、あの事件が蘇った。

東京で暮らしてた時、
当時通ってたライター養成講座の学友が
某大手化粧品のWEBサイトのライティングの仕事を振ってくれて
いそいそと現場へ向かう土曜の朝。
(以下、5年前のmixi日記より抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8:45
娘を保育園に送り込む。

8:50
車を駐車場に止め、駅に到着。54分発の急行に乗る予定。

財布どこだっけ…とカバンをあさる。
パスネットを入れた名刺入れはあるけど
財布がないことに気付く。えぇ?マジで!?

パスネットだけだと、高田馬場で乗換えの時、
現金がないから山の手線に乗れんやんか〜!!!

とりあえず、顔では平常心を装いながら
意味もなく駅前の八百屋でオレンジを眺めるなど、
小パニック状態に。

8:54
何も出来ないまま、乗車予定の汽車が通り過ぎる。

タクシーに乗って家に戻れば、
間違いなく往復30分はロスする。
(保育園の最寄の駅なんで、家からちと遠い)

初めての仕事で、30分以上も遅刻するなんてありえない!
家にいる夫に駅までタクシーにのって
来てもらおう!もうそれしかない!

8:55
試験勉強中の夫に電話。
生気のない声にただ事でないことを察知。夫、家を飛び出す。
(たぶんパジャマにコート。彼に自分の怪しい風貌をためらう時間はない)

8:56
夫から電話。
ウチの周りじゃ、タクシーが捕まらないという。そうだった…。
「あんた今、●●駅なら近くに交番があるやろ、
とりあえずそこに駆け込め」と助言される。

8:57
「え〜!警察お金とか貸してくれるん?」と
疑いが晴れぬまま、他にすがる人がいないので
猛ダッシュで交番へ。
(本当は、そこの八百屋に金を無心しようか、
そこまで追い詰められていた)

交番に飛び込み、若い警官を見るなり
「すみません!千円貸してもらえませんかっ!!!」

そのときのワタシは、今、ノリにのってる新人女優。
いかに大変な状況に置かれているか、
いかに普通の善良な市民であるかを
瞬時に判断してもらわなければ。頭の中はそれでいっぱい。

「名刺もあるんで!」(=怪しい者ではないことをアピール)

警官は、一瞬笑みを浮かべながら 奥に消えてった。
「やった!あんたの財布から千円 貸してくれるんだね!このご恩は一生忘れないよ!」
と猛烈に感謝する。

8:59
警官は、「収支台帳」なるものを持ってきて、
「ここに名前と住所を書いてね〜、あ!印鑑ないよね?
じゃあ拇印おしてね」と手馴れた口調で説明し、
明らかにマイ財布ではない、ケースから千円を取り出す。

9:00
「このご恩は忘れません!」と言いたかったけど恥ずかしいので堪える。
「後で必ず返しに来ます!」と言い
後ろも振り返らず猛ダッシュで駅へ戻る。

9:02
ラッキーにも急行だった列車に飛び乗る。
夫に全てをメールで報告。

10:00
何事もなかったように、恵比寿の現場に到着。
遅刻を免れる。ほんとラッキーだったとしか言いようがない。

しかし異常なテンションだったため、そこにいた人たち(初対面の人、多数)に
「今日財布忘れて交番で千円借りた」と無意味に公表する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかも、唯一持ってたパスネットカードでもJR乗換えは出来たため、
警官から借りた千円は使うこともなく現場に到着したという、まぬけな結末。
(今もパスネットとかあるのかな〜、ないだろうな〜)

そのとき初めて知った、「交番がお金を貸してくれる」というサービス。
(正式には「公衆接遇弁償費」というそうな)
当時の私には本当にありがたく、
警察最高!24時間お疲れ様です!とスペシャルな敬意を払っていたけど
そんな素敵なサービスを利用する、不届き者がいようとは。
(6回の犯行のうち、同じ交番に行ってしまった凡ミスは笑えないぞ)

今は遠い記憶となっていた甘酸っぱい想い出を鮮明に思い出し、
捕まったおじさんと、アホな自分を切なく思う
とある秋の夕暮れなのでした。

追記:女優と言えばガラスの仮面(ちと強引?)。
マイミクさんの日記で知ったポスターに狂喜乱舞!!ス、スバラシイ!
(数奴さん、画像お借りしましたー)






他山の石
いま、作文の審査の仕事をしているんですが。

過去、小学生の作文の審査をしたことはあったんだけど
今回は一般の部(高校生以上)の審査もあって、
まさにその一般の部を読んでいるのだけれど…

驚くほど、同じ作品が多い!

テーマが仮に「友達」だったとすると、

●友達は必要で、大切な存在だ!という思いや自分の考えを、ひたすら書きなぐる

●友達という言葉を辞書で引くと〜(広辞苑から引用)…そこから自分の人生を振り返る

ほとんどが、この2種類に分けられちゃいます。
8割はこのパターンだと思う。

どの作品も、作者が自分の時間を割いて書いた、渾身の作品だと思うので
できるだけ丁寧に目を通しているけど
上記のパターンにピッタリはまっている作品が
あまりにも多い。
たぶん、テーマが普遍的なものであればあるほど、
書く内容が似てきちゃうんだよなぁ。

100作品以上を読んだところで、私の心の中の悪魔が活動を始め、
「友達が大事だってのは、みんな知ってんだよ!」とか
「辞書で引けばいいってもんじゃねぇだろ!」とか
1人で突っ込み始める始末。

そこで私の良心がやり返す。
「じゃあ自分は人と違う切り口で、文章書けてんのか、コノヤロー」
その通り、と何度も反省。

思わず読み込んでしまうのは、
友達との実際のエピソードが詳しく書き込まれていて、
そのときの情景や心境がくっきりと頭に浮かんでくるような作文。
もうそれだけで、切り口が他と違ってくるし面白い。
こんな面白いエピソードがあるなんていいなぁ〜と、
読みながら、うらやましく思ったり。

ほんと、作文って難しい。
こんな偉そうに審査してるけど、
自分が「友達」について書けって言われたら、本気で困る。
書きだしだけで、手が止まってフリーズするな。間違いない。
作文を書こうと思って筆をとったという、
行為そのものがスバラシイ…ぴかぴか

そういえば、夏休み終盤、小2の娘の宿題「読書感想文」も
書かせるのにひどく苦労した。

最初は1人で自由にやらせていたら、
“私は、●●という本を読みました。とっても面白かったです。(完)”
この一文で「終わったよ」とすまし顔。

ここで私の親心に火がつきました。

テーブルの対面に座らせ
「まずこの本を借りたきっかけは?」
「どこが一番面白いとおもったのか、具体的に」
「不思議だと思ったところはない?あれば、どこが不思議だったのか」
などなど、あれこれ質問を投げかけ、その答えを紙に書かせ、
それを2時間くらいかけて、原稿用紙3枚にまとめさせました。

脳みそを使いすぎた娘は、その後頭痛を訴え、ダウン。
小児用バファリンを飲ませろと訴えてきたから、
よっぽど痛かったとみた…。

同じ子どもでも、豊かな発想力で
こっちの度肝を抜く作文がたくさんあるのにな〜。
これから、小学生の部の作品も届く予定だから、
面白いのを読ませてみよう。

ほんと、母子ともども、勉強になる仕事です。














つなわたり
始まる前は、長いよ、どうしよう…とうろたえていた夏休みですが
気がつけば、残りも約2週間ほど。
今年の夏も、なんとか乗り切れそうです。

うちの長女は「学童」に行ってません。
その理由はいくつかあって、

1)学童が小学校内にない。しかも線路を渡るというリスクがあり、
  学校から徒歩20分はかかる距離。
2)定員オーバーですごい状況(らしい)。1年生のとき担任から
  「できるなら預けない方がいい」と耳打ちされた
3)といいつつも、仕事続けるには入れなきゃ無理!と思ってたら締切が過ぎてた(おいっ!)

そんな母の“うっかり”では済まされないミスのおかげで
夏休みは常に長女がいる状態。
保育園に通ってる二女は月〜金は出勤してくれるからいいものの
長女は留守番できても1時間がいいとこ(2年生になって、2時間くらいはできるように)。

ということで、同じマンションに住んでる、
高校からの親友・ぶうよんに預けるか、
私の母が仕事のない日に、私の仕事を入れ込むか、
などと、他人の協力なくしては全く仕事ができないという、
非常に申し訳ない日々を過ごしてました。

それを踏まえ。
今年はまず
1)夏は新規の仕事を受けない。従来のレギュラーの仕事は、
  半分こして一緒にやってる仲間に多めにお願いする。
2)夏休み限定の習い事をさせる。

てなことを追加実施しました。

基本、うちの習い事は「送り迎えしなくていいこと」が条件。
(私がいつも送迎できるとは限らないので)
今習ってるピアノは、同じマンション内に教室があるから自分で行けるし
習字・硬筆も、歩いて数分という近距離なので、自分で行けてる。

これに今年の夏は、「水泳教室」をプラス!
これだけは、車じゃないと通えない距離だったけど
お友達3人と一緒に通わせることになり、
送迎は「行ける人」が担当することになったので
仕事の日は友達のお母さんが連れて行ってくれて、すっごく良かった!

もちろん、他の2人の母さまたちも働いてるから、
仕事が休みの日は私も積極的に送迎。
仕事のある日は、長女が水泳教室に行ってる間に仕事を片付けるなど
時間を効率よく使えて大助かり。

とはいえ、やっぱりそれだけじゃ1人で留守番させることが多くなっちゃうので
去年同様、ぶうよんと私の母には迷惑かけまくりの夏休み。
(娘は「ぶうよんにはいつもお世話になってるから…」が口癖)
この前は、久しぶりの友達と子連れでランチした後、
そのまま娘を預かってもらい、私は打ち合わせ…。
頼れる人は誰でも頼る、強心臓(別名:あつかましいとも言う)なワタシです。

そうやって、人に散々迷惑かけながら、なんとか乗り越えてる夏休み。
1年生のころ、学童の締切を忘れてなかったら、
こんな心苦しくて、綱渡り的な生活はしてなかったんだろうなぁ…(遠い目)。
モラッチャ王に会いました
今週、久々に、いわゆる「TVなどに出ている人」にお会いしました。

その名も「モラッチャ王!」。
スキルファミリーみよしから、コミュニケーションスキルを奪う、
あの悪者です。


…誰それ、何それ?というつぶやきが聞こえてきましたよ。

NHK教育テレビの幼児向け番組「わたしのきもち」という番組内にあった
「スキルファミリー」というコーナー。
大好きで、子どもより食いついて見てました。
「スキルのスは、素敵のス。スキルのキは希望のキ。スキルのルはルルルルル〜」



スキルファミリー・みよし!

本当は私の担当日ではなかったのだけど
モラッチャ王に会うため、
ちゃっかりとオンエアに同行!
さらにミーハー魂を爆発させて、一緒に記念撮影まで!えへあ



モラッチャ王はと〜っても腰が低くて
すっごく感じのいいメンズでしたハート
しかし、プロフィール見たら、いろんな映画や舞台にでているのねぇ…。
私、モラッチャ王だと興奮してたけど、なんとなく申し訳ない汗

9月25日、26日に北九州芸術劇場にて
コント集団「劇団さわやか」として
舞台を行ってくれます。
詳細はこちら


発売開始日はなんと明日、いや今日(8月1日)!
チケットは争奪戦が予想されるとのことなので
モラッチャ王ファンはお早めに!!


あぁ、親子。
今日は長女(7歳・小2)について。


5月某日。雨のため延期となった運動会が平日に実施されました。
運動神経がずば抜けていい、わけでもないので
もちろん選抜リレーの選手などには選ばれていません。
全員参加の「かけっこ」では
私が眺めていた場所が正面すぎて、実際の順位がわからず…。
日を追うごとに、「4位だった?」「3位かもしれない」「2位だろう」と
非常に前向きな記憶の書き換えが行われています。

そんな彼女が、運動会の夜、仕事で応援に行けなかった父とお風呂場にて
「明日から早朝ジョギングする」と公言。
おそらく、少しでも足が速くなりたいという思いからでしょう。
実際、翌朝は6時に起き、父と二人、約20分ほどのジョギングにでかけました。
「これは意外と本気だな」と思った母の思いはむなしく
案の定というか、2日しか続かず…。

またいつものようにギリギリに起床している長女に
「あんた、ジョギングせんでいいと?」と声をかけると
「だって、お母さんが朝、起こしてくれんもん」と私のせいにしております。
誰に似たんだ、その性格。


↓肩こりのひどい母を横目で見つつ、長女が書いた雑誌の構成案のようなもの。
あら、あなたもこの業界を志望?
構成案

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな長女が、学校から視力検査の結果を持って帰ってきました。
結果は片目がA(1.0以上)、片目がB(0.5〜1.0未満)。
近所のお友達が「片目の視力が悪いから、早めにメガネかけて矯正してる」
という話を聞いたばかりだったので、
これはうちも行かないと!あわてて近所の眼科へ。

検査すると、0.5&0.6と、両目とも悪かった!
しかも「近視は遺伝だから仕方ない&治せません」とダブルパンチ。
そうなのかぁ。
夫もド・近視だから、仕方ないなと思いつつ

↓こんなアクロバティックな格好でTV見るからだろ!と思わなくもない…。
アクロバット

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎朝、ご丁寧に、用意したハンカチを置き去りにして登校する長女。
たまにランドセルをチェックすると
筆箱に入っているべきはずのえんぴつやけしごむが
底にごろごろ放置されているだけでなく、
無理やり持っていかされたハンカチが数枚、ぐっしゃぐしゃになって
鉛筆とともにそこで深い眠りについている姿を見て
ぶちギレた母さん。

今度、文房具を筆箱に直さなかったり、
はんかちを学校に持っていかなかったりしたら、
その都度100円没収するからね!!!!!!
(おかね大好きだから、これが一番効くかなと思い)

さすがに翌日は自らハンカチを用意して、登校。
「よしよし」とその効果の絶大さに笑みを浮かべていたら
長女のタンスで、すごいものを発見。

タンスの決意


書かなきゃ忘れてしまうんだね。
若いのに、私と一緒なんだね。
しかも今日、タンスの中の決意もむなしく
またハンカチがテーブルの上にぽつんとあったよ。

あぁ、親子。